東松島市移住・定住促進計画について

 人口減少は全国的な問題となっている中、本市においても「人口減少の抑制」という目標を行政と市民が共有し、それぞれの持つ資源やノウハウを生かし、連携を図りながら一体となって施策を推進していく必要があります。
 これまで本市では、人口減少対策を念頭に、第2次総合計画(平成28年3月策定)や人口の将来展望を示す人口ビジョン・総合戦略(平成27年12月策定)に基づき取組みを進めてきました。
 この度、これらの計画を補完し、外部からの人材を受け入れるとともに、移住者も含めた居住している市民が住み続けたいと感じる東松島市となるよう「住んでよし」、「訪れてよし」、「営んでよし」の実現を目指して、6年間の目標や施策の基本ターゲット、具体的な施策等を体系的に示した「移住・定住促進計画」を策定しましたので公表します。

東松島市移住・定住促進計画.pdf [ 3109 KB pdfファイル]

東松島市移住・定住促進計画【概要版】.pdf [ 572 KB pdfファイル]


(3.1MB/容量が大きくなっていますのでご注意ください。ダウンロードする方は、右クリックで「対象をファイル保存」してください。)