主に高齢者を狙って、頼んでもいないのに突然電話で「あなたが注文した健康食品ができたので送ります」とか「家族の方から注文があったので…」などと言い、商品を送りつける事例が報告されています。

なかには「注文時の録音がある。録音は裁判所でないと聞けない」などと虚偽の説明や脅しで、しつこく購入を迫る、「1年間の定期購入契約の3か月分を送る」など、非常に強引で悪質な手口の報告もあります。

  • 必要がなければ、きっぱりと断りましょう。
  • 電話勧誘販売で契約してしまっても法律で定められた期間内であれば、クーリングオフで、契約を解除できます。
  • 万一、断ったにもかかわらず商品が届いた場合、受け取りを拒否し、送り主の連絡先、業者名、住所などを控えましょう。頼んでいないのに勝手に送りつけてくる商品は代金を支払う必要はありません。代引配達などで一度払ってしまったお金を取り戻すのは、大変困難です。

心配なとき、困ったときは相談窓口へ

市民生活課 消費生活相談窓口 月曜日から金曜日(祝日除く)9時~15時

市民生活課 消費生活相談員(市役所1F) 内線 1117