国民健康保険に加入の方には、70歳になる誕生日の月(誕生日が1日の方は、前の月)に「高齢受給者証」と記載され、所得に応じた負担割合の書かれた新しい保険証が送付されます。

誕生日の翌月(ただし、誕生日が1日の人は誕生月)からは、新しい保険証(「高齢受給者証」)を医療機関の窓口で提示してください。
※東松島市では「国民健康保険被保険者証」と「高齢受給者証」は、「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」として1枚に記載しております。

高齢受給者の負担割合

対 象 内   訳 負担割合
一般 高齢受給者証の交付を受けている方の住民税課税所得が145万円以下の方 2割負担
同じ世帯に高齢受給者証の交付を受けている方がおり、住民税課税所得の合計額が210万円以下の方
現役並み所得者 上記以外の方 3割負担

※ただし、現役並み所得者の方で下記の場合は、申請していただくと2割負担になります。

70歳以上75歳未満の国保被保険者数 収入額
1人 383万円未満
後期高齢者医療に移行した方を含めた合計が520万円未満
2人以上 合計が520万円未満