国保の加入者が出産したときに支給されます。出産育児一時金は原則として、国保から医療機関などに直接支払われます。(直接支払制度)

また、国保以外の方は加入している保険者または会社等へ確認願います。

その他申請が必要なとき

出産費用が支給額に満たないとき

出産費用が支給額(最高42万円)に満たないときは、その差額を国保に請求することで受け取ることができます。

直接支払制度を利用しないとき

直接支払制度を利用せず、国保から出産育児一時金を受け取ることもできます。その場合は医療機関などに出産費用を全額支払い、国保に支給申請をして、出産育児一時金を受け取ることになります。

※申請に必要なものについては国保の窓口(下記)にお問い合わせください。

平成21年10月1日から出産育児一時金の額が4万円引き上げられました。現在出産育児 一時金の額は、35万円に産科医療保障制度加入分3万円、さらに4万円増額され42万円(※注釈1)です。これは、国の緊急の少子化対策として4万円が引き上げられるものです。

※注釈1 産科医療補償制度加算対象出産の場合。
(妊娠12週(85日)以降であれば、死産・流産でも支給されます。)