次のような場合には、国保(国保証)を使うことができませんので注意しましょう。

病気とみなされないとき

  • 健康診断
  • 人間ドック
  • 予防接種
  • 歯列矯正
  • 美容整形
  • 正常な妊娠、出産
  • 経済上の理由による妊娠中絶など

ほかの保険が使えるとき

  • 仕事上の病気やケガ(労災保険の対象)

※故意の事故や犯罪、けんかや泥酔などの不行跡による病気やケカの場合には、国保の保険給付が制限されることがあります。