地域生活支援事業におけるサービス提供事業所の登録等に関する手続き

 東松島市では、障害のある方を対象とした「地域生活支援事業」のうち、移動支援事業・地域活動支援センター事業・訪問入浴サービス事業・日中一時支援事業については、指定基準を満たしサービスを提供する事業所として登録する方法により、これらの事業を実施します。

サービスの提供を希望する事業者(法人)は、次の方法により登録申請をしてください。

 指定基準を満たす事業者(以下「指定事業者」という。)として、「サービスを提供する事業所」の登録又は登録の更新(以下「登録等」という。)を受けた事業所(以下「登録事業所」という)は、サービスの利用を希望する支給決定を受けた方と利用契約を結んだ上で、サービスを提供することになります。

  • 指定事業者:サービスを提供することができ、適切な事業運営を行うことができる社会福祉法人その他の法人
  • 登録事業所:指定事業者又は指定事業者が経営する事業所のうち、登録を受けた事業所
事業所の登録からサービス提供までの手順
  1. サービスの提供を希望する事業者(法人)は、登録事業所として登録等を受けたい事業所ごとに、「地域生活支援サービス指定事業者登録申請書(様式第1号)」に必要書類を添えてを市に登録申請をします。
  2. 市は、サービスの指定基準を満たし、これらの基準に従って当該事業を継続的に運営することができるか、申請内容を審査します。
  3. 市は、審査の結果、登録等を決定した事業者(法人)に対して、「登録通知書」を交付します。
  4. 「登録通知書」の交付を受けた事業者(法人)は、サービスの利用について支給決定を受けた方と利用契約を結んだ上で、登録事業所としてサービスの提供を行います。
  5. 登録事業所は、毎月のサービスの提供の際、利用者から利用者負担額(原則1割負担、ただし負担上限月額の設定有)を徴収します。
  6. 登録事業所は、利用者が利用した月のサービス提供実績や利用者負担額の徴収等を踏まえ、翌月10日までに市へ給付費請求書を提出します。<請求金額やその明細内訳、サービス提供実績等の内容を必ず確認し、提出期限を厳守すること>
  7. 市は、請求内容を審査し、指定口座に給付費を振り込みます。
  8. 8.登録期間の6年を超えて、引き続きサービスの提供を希望する事業者(法人)は、登録期間満了の14日前までに1.の申請にて登録期間の更新手続きを行って下さい。

※上記の手順はあくまでも一例です。特にサービス提供事業を新規で登録申請したい場合、必ず申請手続きを行う前に下記担当に相談してください。

 

事業所登録等の概要【主な変更点】

平成29年1月から次のように変更しています。

  • 指定要件の追加、有効期限の設定
  1. 事業所の登録に当たり、法定サービスを提供できる体制づくりを要件とします。
  2. 事業所の登録期間は6年間となります。(法定サービスと同じ)
  3. 個別支援計画に基づくサービス提供に努めることになりました。

※注意:1.と 2.については経過措置があります、詳しくは、下記担当まで問い合わせください。

  • 事業所指定に関する基準や各種申請様式等は、下記の関連ファイル(データ)を参照ください。
関連ファイル

東松島市障害者地域生活支援事業のサービス提供事業者の指定に関する基準 [ 210 KB pdfファイル] ※平成29年1月から施行分

登録申請書(様式第1号) [ 58 KB docファイル] ※登録期間の更新手続きの際も、この様式での申請手続きを行うもの。

地域生活支援サービス提供事業所の登録に係る記載事項(様式第1号の2)[ 51 KB docファイル]

地域生活支援サービスの主たる対象者を特定する理由等(様式第1号の3)[ 28 KB docファイル]

変更届出書(様式第3号) [ 41 KB docファイル]

廃止・休止・再開届出書(様式第4号) [ 32 KB docファイル]

請求に係る様式(給付費請求書・給付費明細書・サービス提供実績記録票) [ 103 KB xlsファイル]