東松島市では、地域包括ケアシステムの推進に必要となる医療・介護・福祉分野の“専門職の人材確保”及び“定住促進施策”の一環として、東松島市内の事業所に就職・勤務され要件を満たす方を対象に、奨学金の返還額の一部を助成します。

 また、“働きやすく”“住み続けられる”まちづくりを実現するため、令和2年度から新たに『定住者のための加算金』を創設しました。

助成内容

 最大100万円(返還助成金60万円+定住加算金40万円)

①返還助成金
申請年度内に返還した奨学金の額 上限20万円(単年度)
(単年度あたり)
※市外在住者は上限10万円
※助成期間は申請初年度から最長5年度まで可能ですが、一人当たりの助成額の上限は60万円(市外在住者は30万円)となります。
※交付決定日以降に市外へ転出した場合は上限10万円
②定住加算金
市外から移住された方または市内在住の方に対する加算 40万円
 ※申請は初年度のみ(5年間の定住要件・返還規定あり)
 ※申請時の奨学金借入残高が100万円以上の場合
注意:申請年度内に市内事業所を退職、又は市外事業所に勤務することとなった 場合は、助成金は一切支払われません。

助成対象者

 次の要件をすべて満たす方
①平成28年4月1日以降に、東松島市内に事業所を有する事業主に正規雇用され、市内事業所において、下記③に掲げる資格に基づく業務に従事する方で、申請年度の末日まで継続して当該市内事業所に勤務する方(国及び地方公共団体の全職員を除く。)
②奨学金の貸与を受けて大学、短期大学、専修学校専門課程に進学した方
③看護師、准看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、福祉士、助産師、保育士の資格を有する方
※記載以外の資格は対象となりません。
④月賦、半年賦、年賦で奨学金の返還を行っている方、又は申請年度内に月賦、半年賦、年賦で奨学金の返還を開始する方
⑤奨学金の返還に滞納のない方
⑥全ての市町村民税に滞納のない方
⑦暴力団員等でない方

対象となる奨学金

①独立行政法人日本学生支援機構奨学金(第一種奨学金、第二種奨学金)
②東松島市奨学金
③その他市長が認める奨学金

申請受付期間

第1回:令和2年4月6日(月)~ 令和2年4月24日(金)
第2回:令和2年10月1日(木)~ 令和2年10月30日(金)(初めての申請者のみを対象)
※第1回で申請・交付決定を受けた方は、第2回で申請する必要はありません。
※令和2年11月以降に、助成対象者の要件を満たした方は、翌年4月以降に申請を受付します。

申請方法

 申請書に必要書類を添えて、郵送または持参により、下記に提出してください。
 申請書類は、下記からダウンロードできます。

 ○募集チラシ [ 366 KB pdfファイル]
 ○東松島市奨学金返還支援事業助成金交付要綱 [ 99 KB pdfファイル]
 様式第1号交付申請書 [ 22 KB docxファイル]
 様式第1号交付申請書(記入例) [ 90 KB pdfファイル]
 様式第8号実績報告書 [ 20 KB docxファイル]
 様式第11号請求書 [ 21 KB docxファイル]
 要綱様式データ [ 231 KB zipファイル]