東日本大震災後、東松島市には心を込めて作られた千羽鶴などの「復興応援品」が、全国各地から寄せられました。

東松島市は、支援者との絆の証である「千羽鶴」を活用したアート作品を制作し、寄せられた「応援の想い」をつなぎ、「感謝の気持ち」と「震災の教訓」を後世に伝承、復興のシンボルとして東松島市から「感謝」と「復興」を世界に発信します。


2011年3月11日。東日本大震災。

あれから9年。2020年3月11日。

東松島市に届けられた千羽鶴を後世に残していくためのアート作品

 

「ONE IN A 1000 CRANES HIGASHI MATSUSHIMA 2020」

和訳:「千分の一羽鶴 東松島 2020」が

たくさんの方に見守られ、お披露目となりました。

 

東松島市を応援したいたくさんの思いがこもった当時の折り鶴と

「感謝」と「希望」の思いを乗せて新たに折った折り鶴が封入された

力強く、心温まる綺麗なアート作品です。

 

作品名「ONE IN A 1000 CRANES HIGASHI MATSUSHIMA 2020」

作者名:野老朝雄、鶴岡信太郎、小平裕子

東松島市震災復興伝承館へ常時展示され、震災を経験していない世代へも受け継いでいきます。


2011年3月11日 東日本大震災。

東松島市に全国から届けられた数々の「復興応援品」は、たくさんの人の心を励まし、勇気づけてくれました。

その後、ディスカバリーセンター(東松島市小野)にて大切に保存・展示していただいておりました。


EVENT~プロジェクト最新情報~

2020年3月11日『アートワークショップ』@震災復興伝承館

2020年3月11日 『アートワークショップ&アート作品のお披露目』

                                                                 @震災復興伝承館(旧野蒜駅プラットホーム)

 

画像クリックでファイルが開きます [ 2779 KB pdfファイル]

 

 

 

 

 

市民の皆さんと作りあげたアート作品が完成・お披露目となりました。

それを記念した光のアートイベントも開催しました。

◆メモリアルアート作品完成記念式典 ( 18:00~ )

 東松島市に届けられた「千羽鶴」を活用して

 美術家 野老朝雄氏×建築家ユニット コミュによりデザイン・制作された作品がお披露目されました。

◆ワークショップ「光の紋様をキャンドルで描こう」( 14:00~17:00 )

◆「#1000 LIGHTs in Higashi Matsushima 2020」(18:00~20:00)

 野老朝雄さんと一緒にキャンドルの紋様を作るワークショップ

 震災復興伝承館、旧野蒜駅プラットホームを舞台に光の紋様を描いて幻想的な空間を作りました。

 


2020年2月11日 アートワークショップ@震災復興伝承館

画像クリックでファイルが開きます。


Work Log ~活動記録~

2019活動記録

2018活動記録