児童手当及び児童扶養手当のお手続きについて、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、感染者との接触の機会を減らす等の理由で外出を控えたことにより、申請が遅れた場合には、申し出により「事由発生日の翌日から15日以内」申請したものとして受け付けます。

児童手当

【お知らせ平成28年1月から児童手当の一部書類にマイナンバー(個人番号)の記載が必要 となりました。

1.制度の目的

 児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援することを目的として支給します。

2.支給対象となる児童

 日本国内に居住する15歳到達日以降の最初の3月31日までの間にある児童(中学校修了前までの児童)ただし、国外に居住する児童については対象とはなりません(留学の場合を除く)

3.手当の受給者

 次のいずれかに該当する東松島市にお住まいの方が受給者となります。

・支給対象となる児童の父または母のうち、生計の中心者となる方

・支給対象となる児童の未成年後見人

・支給対象となる児童の父母が外国在住の場合に、父母に指定された方

・支給対象となる児童を養育している里親

・上記以外で、支給対象となる児童を監護し、その生計を維持している方

※児童養護施設等に措置入所している児童の手当については、施設設置者等が受給者となります。
※公務員の方は、勤務先での受給となります。

4.制度の内容
項目 内容
支給対象者 中学校修了前までの国内に住所を有する児童を養育している方
支給額 認定請求をした翌月から支給事由が消滅した月分までが支給されます。
3歳未満の児童 一律15,000円(月額)
3歳以上小学校修了前の児童で第1子・第2子 10,000円(月額)
3歳以上小学校修了前の児童で第3子以降 15,000円(月額)
小学校修了後中学校修了前の児童 10,000円
※「第3子以降」とは、18才到達年度末までの児童のうち、3番目以降をいいます。
支給時期

原則として毎年2月、6月、10月の11日(11日が休日の場合はその前の一番近い平日)にそれぞれ前月分までを支給します。

詳しくはこちらをご覧ください。

現況届 児童手当を受けている方は、手当を引き続き受ける要件があるかどうかを確認するため、毎年6月中に「現況届」を提出しなければなりません。
提出がないと手当の支給を受けることができません。
所得制限額 扶養親族0人の場合 622万円(扶養親族が1人増える毎に限度額38万円増)
5.手続きに必要なもの
  • 受給者の健康保険証
  • 受給者名義の通帳又はキャッシュカード
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • マイナンバーが確認できるもの(個人番号カード・通知カード等)
  • 東松島市に転入された方
    転入された時期や前住所地により、前住所地から受給者の所得証明書を取得していただく場合がございます。
    詳しくはお問い合わせください。
    ※受給者が配偶者を扶養(配偶者控除)していない場合は、配偶者の所得証明書も必要となります。
  • 児童が市外に住んでいるとき(児童と別居している場合)児童の属する世帯全員の住民票が必要になります。

その他ご不明点はお問い合わせください。

児童扶養手当

児童扶養手当の概要

 父親(又は母親)と生活をともにしていない児童を養育している母子(又は父子)家庭などの生活安定と自立を支援し、お子さんの健やかな成長をお手伝いすることを目的として支給されるものです。

 認定請求を検討中で、来庁を考えている方は、電話にて事前連絡願います。

項目 内容
支給対象者 児童を監督・保護し、生計を同じくする母子家庭・父子家庭・父母以外が児童を養育する家庭(祖父母など)
※児童とは、18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者、または20歳未満で政令の定める程度の障害の状態にある者をいいます。
※所得制限などにより手当を支給しない場合があります。
支給要件 次に該当する児童を監護・保護し、生計を同じにする場合に支給します。
  • 父母が婚姻を解消した児童
  • 父母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 父または母が一定の障害の状態である児童
  • 父または母が死亡した、または生死が明らかでない児童
  • 母が婚姻によらないで懐胎した児童
  • 父または母に引き続き1年以上遺棄されている児童
  • 母が婚姻によらないで懐胎したかどうかわからない児童(遺児など)
支給額 所得により金額は変わります。
支給時期

奇数月の11日(11日が休日、祝祭日の場合はその前の平日)にそれぞれ2ヶ月分を支給します。

詳しくはこちらをご覧ください。

 1 概要資料

  概要資料.pdf [ 1231 KB pdfファイル] 支給対象者、要件、所得制限額、手当額、支払時期、手続方法など示しています。検討している方は必ずご覧ください。

 2 新規の認定請求の方法

  「戸籍謄本に示す離婚日」と「住民票で夫または妻との別居日」を確認し「そのうちの若い日以降から、認定請求可能」になります。

  以下の書類等をご準備いただき、記載にあたり不明な点がある場合は「空白または鉛筆書き」でご持参ください。

  来庁をする際には、電話にて事前連絡願います。

  お手続きには、場合によりますが、30分程度時間を要します。

   ■認定請求書.pdf [ 255 KB pdfファイル]  認定請求書です。

   ■ 戸籍謄本(申請者本人、監護児童)  本籍地の地方自治体で取得してください。

   ■ 離婚届受理証明書  戸籍編成時に完成するまでに、月をまたぐ場合は戸籍担当課から必ずお取りください。

   ■ 家族全員のマイナンバーがわかる書類  書類へ転記します。

   ■ 公的年金調書.pdf [ 152 KB pdfファイル]  年金について伺います。

   ■ 養育費等に関する申告書.pdf [ 62 KB pdfファイル]  養育費等について伺います。

   ■ 現況調書.pdf [ 131 KB pdfファイル]   現況について伺います。

   ■ 生計維持等に関する調書.pdf [ 59 KB pdfファイル]  生計維持等について伺います。

   ■ 直近の所得状況がわかる書類  確定申告を行った地方自治体から取得してください。東松島市で確定申告行った方、またはマイナンバーによる所得情報を取得希望される方は不要です。

   ■ 所得状況届.pdf [ 212 KB pdfファイル]  所得状況届について伺います。(7~9月に認定請求する際に提出してください。)

   ■ 16歳以上19歳未満の控除対象扶養親族に関する申立書.pdf [ 61 KB pdfファイル]  16歳以上19未満の家族の有無について伺います。(対象となる家族がいない場合は不要です。)

   ■ 印鑑(シャチハタ不可)

   ■ 受給者名義の通帳又はキャッシュカード

 3 注意事項

  (1)ご相談時点においては、受給に関しての可能性をお示しいたしますが、認定請求の提出をもって正式な受付とし、その後、 厳正な審査を実施します。

     審査によっては、手当が受給できない場合もありますので、ご了承ください。

  (2)「児童の別居監護、未婚による出産、年金受給者、養育者等」のケースの場合は、別途必要な書類がありますので、一度電話にてご相談ください。

 4 その他

  (1)詳しい支給要件や手当の支給額、所得制限についての問い合わせ、支給要件の変更があった場合の届出は、子育て支援課までご連絡ください。 

  (2)そのほか、母子父子家庭への支援制度について関連情報のご紹介

    東松島市母子父子家庭医療費助成制度ホームページ

 

特別児童扶養手当

1.制度の目的

 この制度は、精神または身体に障害のある児童を家庭において監護している方に対して、国が特別児童扶養手当を支給して、その児童の福祉の増進を図ることを目的としています。

2.支給要件(手当額、支払時期、所得制限など)

 詳しくは、宮城県ホームページ(特別児童扶養手当)をご覧ください。

3.申請するときに必要な書類

 以下の書類等をご準備いただき、東松島市保健福祉部子育て支援課へ申請してください。

  • 個人番号カード(番号確認と本人確認)もしくは、番号通知カード(番号確認)と運転免許証など(本人確認)
  • 認定請求書(窓口に様式有り)
  • 戸籍謄本(請求者および対象児童のもの。発行から1か月以内のもの。)
  • 現況調書(窓口に様式有り)
  • 生計維持などに関する調書(窓口に様式有り)
  • 振込口座申出書(窓口に様式有り)
  • 振込口座通帳の写し(請求者名義のもの。)
  • 診断書など(省略できる場合があります。)(窓口に様式有り)
  • 児童の身体障害者手帳または療育手帳の写し(交付を受けている場合。)
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 申請理由によりその他添付書類
  • 所得証明書(転入された時期や前住所地により、前住所地から受給者の所得証明書を取得していただく場合がございます。)<特別児童扶養手当所得制限限度額表(平成14年8月1日から)>

児童保育

保育所

 保育所は、保護者が労働に従事したり、疾病等の理由により家庭で保育することのできない児童を保護者の代わりに保育することを目的とする児童福祉施設です。

入所基準

 同居の親族やその他の者が児童を保育することができず、その保護者が以下の事由に該当する場合に入所できます。

  • 家庭の外での仕事
  • 家事以外の仕事(自営業等)
  • 死亡、行方不明等で親不在
  • 親が出産、病気、負傷、障害等
  • 長期病人や心身障害者等の介護
  • 被災者
  • その他市長が上記の事由に類すると認める状態にある場合

入所受付

  • 新年度4月新規入所の場合11月初旬頃。希望する保育所で受付。申込書等は保育所にあります。児童も一緒に来てください。事前に申込書等の配布は行っておりません。
  • 年途中入所の場合は、子育て支援課保育支援係へお問い合わせください。

保育時間※認定区分に基づき利用可能保育時間が異なります。

  認定区分 保育時間 延長保育時間
平日 標準時間認定 公立 7:30~18:00 18:00~19:00※1※2
私立 7:00~18:00
短時間認定 公立 8:30~16:30 16:30~19:00
私立 8:30~16:30
土曜 共通 公立 7:30~15:00  

私立 7:00~18:00

※1 赤井北保育所・大塩保育所については18:00で閉所となります。

※2 ウェルネス保育園については、20:00まで延長保育を行っております。

保育料

 保護者(両親)の住民税額(住宅借入金(取得)等特別控除される前の額)と、入所した年度の4月1日時点の児童の年齢により決定します。4月からは前年度住民税額を基に算定した保育料をお支払いいただき、年度の途中(9月頃予定)に、当該年度の住民税額を基に再判定を行います。

東松島市保育料徴収基準額表

単位:円

各月初日の入所児童の属する世帯の階層区分 利用者負担額
階層区分 定義 標準時間 短時間
第1子 第2子 第1子 第2子
A 生活保護世帯 0 0 0 0
B 市町村民税非課税世帯 0 0 0 0
C 市町村民税均等割課税世帯 14,000  7,000 13,700  6,850
D1

48,600円未満 17,000  8,500 16,700  8,350
D2 72,000円未満 23,000 11,500 22,600 11,300
D3 97,000円未満 28,500 14,250 28,000 14,000
D4 133,000円未満 37,000 18,500 36,300 18,150
D5 169,000円未満 44,500 22,250 43,700 21,850
D6 235,000円未満 49,600 24,800 48,700 24,350
D7 301,000円未満 54,000 27,000 53,000 26,500
D8 397,000円未満 62,000 31,000 60,900 30,450
D9 397,000円以上 70,000 35,000 68,800 34,400

 ※1 階層区分は、4月から8月は前年度市町村民税所得割課税額、9月から翌年3月は当該年度市町村民税所得割課税額を基に算定いたします。

 ※2 市町村民税所得割課税額を計算する際、住宅借入金等特別税額控除、寄付金税額控除等は適用されません。

 多子世帯及びひとり親世帯等の利用者負担額の軽減について

 ア 多子世帯の利用者負担額軽減について

 市町村民税所得割額57,700円未満の世帯(B~D1階層及びD2階層の一部)について、お子さんが2人以上いる場合、保護者と生計が同一の子であれば、年齢に関わらず、上から順に第1子、第2子として数え、第1子、第2子については、上表の利用者負担額が適用され、第3子以降は無料となります。

 イ ひとり親世帯等の利用者負担額軽減について

 市町村民税所得割額77,101円未満の世帯(B~D2階層及びD3階層の一部)について、(ア)、(イ)又は(ウ)に該当し、保護者と生計が同一の子であれば、年齢に関わらず、上から順に第1子、第2子として数え、第1子については、以下の表の利用者負担額が適用され、第2子以降は無料となります。

ひとり親世帯等における第1子児童の利用者負担額表

単位:円

各月初日の入所児童の属する世帯の階層区分 利用者負担額
階層区分 定義
標準時間 短時間
A 生活保護世帯 0 0
B 市町村民税非課税世帯 0 0
C 市町村民税均等割課税世帯 6,250 6,100
D1

市町村民税所得割額

48,600円未満 7,750 7,600
D2 72,000円未満 9,000 9,000
D3 97,000円未満 9,000 9,000

 (ア) 「ひとり親世帯等」とは、母子及び父子並びに寡婦福祉法(昭和39年法律第129号)に規定する配偶者のない女子で現に児童を扶養しているものの世帯及びこれに準ずる父子家庭の世帯をいいます。

 (イ) 「在宅障害児(者)のいる世帯」とは、次に掲げる児(者)を有する世帯をいいます。

  ①身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に定める身体障害者手帳の交付を受けた者

  ②「療育手帳制度について」(昭和48年9月27日発児第156号厚生事務次官通知)に定める療育手帳制度要綱に基づく療育手帳の交付を受けた者

  ③特別児童扶養手当等の支給に関する法律(昭和39年法律第134号)に定める特別児童扶養手当の支給対象児、国民年金法(昭和34年法律第141号)に定める国民年金の障害基礎年金等の受給者

  ④精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条に定める精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者

 (ウ) 「その他の世帯」とは、保護者の申請に基づき、生活保護法に定める要保護者等のうち特に困窮していると市長が認めた世帯をいいます。

保育所給食費

 保育所給食費は、原則として、3歳以上の児童に対し、主食費(ご飯代)・副食費(おかず代)として、お支払いただくことになります。

 なお、3歳児未満については、保育料に含まれているため、別途発生はいたしません。

3歳以上の児童にかかる給食費 単位:円 

区分 主食費 副食費
公立保育所 持参

月額4,500円

※年収360万円未満相当(市町村民税所得割額57,700円未満の世帯及び第3子以降の子ども

(小学校就学前の子どもから順に3人目以降)に該当する場合、免除されます。

私立保育所 月額500円

障害児保育

 市内保育所(園)では、集団保育が可能であり、東松島市障害児保育指導委員会において認定された中程度の障害を有する児童を対象に行っています。

実施保育所

市内公立保育所(7カ所)、私立保育園(3カ所)

一時保育

 保育所では保護者の疾病、災害、事故、冠婚葬祭、看病介護等により緊急・一時的に保育が必要になる児童や私的な理由(育児疲れのリフレッシュ等)により一時的に保育が必要な児童を対象とした一時保育を行なっています。申込みは子育て支援課保育支援係へどうぞ。※ご希望の保育所や日時によってお預かり出来かねる場合もあります。

金額
年齢区分 利用時間 基準額
2歳児以下 4時間以上 4,000円
4時間未満 2,000円
3歳児以上 4時間以上 2,000円
4時間未満

1,000円

利用可能時間

8時30分~16時30分

市内保育所(園)一覧

保育所名 所在地 定員 電話 受入年齢
公立 矢本東保育所 矢本字大溜13番地1 120人 82-2101 6か月~
大曲保育所 大曲字筒場89番地1 100人 82-3284 6か月~
赤井北保育所 赤井字舘前220番地3 60人 82-6396 6か月~
赤井南保育所 赤井字有明7番地1 70人 82-4019 1歳~
大塩保育所 大塩字緑ヶ丘三丁目1番地1 60人 82-2205 6か月~
牛網保育所 牛網字駅前一丁目68番地 100人 87-2143 6か月~
野蒜保育所 野蒜ヶ丘二丁目14番地1 60人 88-2030 6か月~
私立 矢本西保育園 矢本字道地浦139番地1 80人 84-2801 6か月~
ウェルネス保育園 矢本 小松字谷地191番地1 75人 24-8221 6か月~
ウェルネス保育園 赤井 赤井字川前四番17番地2 75人 25-7790 6か月~
地域型保育施設
保育所名 所在地 定員 電話 受入年齢
GENKIっこ保育園 東松島園 大曲字堰の内南145-2 19人 98-4641 2か月 ※0~2歳児対象
GENKIっこ保育園 すてっぷ 矢本字四反走89-5 19人 25-7121 2か月 ※0~2歳児対象

子育て支援センター

 子育てについてのさまざまな相談を受けたり、情報などをセンター内の掲示板や機関紙・ホームページなどで提供します。
また、子どもたちがのびのびと遊べ、その中で親子、あるいは子ども同士などの触れ合いが持てる場です。

施設名 所在地 電話
矢本子育て支援センター ほっとふる 矢本字大溜9-1 84-2676
鳴瀬子育て支援センター あいあい 小野字新宮前5 87-2338

『子育て通信』(毎月発行)『イベントスケジュール』はこちら

放課後児童クラブ

 保護者が労働等により昼間家庭にいない小学校児童に対し、下校後保育専用施設や学校の余裕教室、地域の集会所等を利用して適切な遊びや生活の場を提供し、その健全育成を図る事業です。

学区 放課後児童クラブ名 場所
矢本東小学校 サルビア 矢本東小学校隣接地
矢本西小学校 さくら 矢本西小学校敷地内
大曲小学校 くろまつ 大曲小学校西校舎3階
赤井小学校 いちご 赤井小学校敷地内
赤井南小学校 ひまわり 赤井南小学校敷地内、川前集会所内
大塩小学校 あおぞら 大塩市民センター隣接地
鳴瀬桜華小学校 鳴瀬桜華小学校放課後児童クラブ 小野地区学習等供用施設内
宮野森小学校 宮野森小放課後児童クラブ 野蒜保育所隣接地

 

ファミリーサポート事業

 この事業は、ご家族が仕事や用事でお子様を見ていることや送迎ができないとき、「どなたかお子様を預かったり送迎してくれたら」という場面があると思います。
 そういった時、地域において子育ての支援を受けたい人と、支援できる人がそれぞれ会員登録を行い、相互の信頼関係のもとに、子どもを預けたり預かったりする地域ぐるみで行う子育て支援活動です。

■問 矢本子育て支援センター ほっとふる TEL84-2676