(企画提案型)ネーミングライツ・スポンサーの募集について

 東松島市では、市有施設の維持管理のための安定的な財源確保と施設利用者である市民へのサービス向上のため、ネーミングライツ(施設命名権)の導入を進めます。
 募集方法は、市が導入を決定した施設について募集する「公募型」と事業者から導入施設等について提案を募集する「企画提案型」の2つの方式により募集することとしています。
 このうち、11月から「企画提案型」について募集を開始します。事業者様からのご提案をお待ちしております。
 ネーミングライツ料は、愛称を付けていただいた施設の維持管理に役立てます。

※「公募型」による募集については、導入施設を決定したうえで、今後募集を開始する予定です。

ネーミングライツ・スポンサーのメリット

ネーミングライツは、単なる企業広告ではなく、地域に貢献するという姿勢を明らかにすることにより、企業イメージの向上が図れる取組です

対象施設

 不特定多数の方が利用する市有施設(文化施設、スポーツ施設、観光施設等)を対象とします。
 市役所などの庁舎、学校、幼稚園、保育所のほか、施設の性格上、ネーミングライツ事業の導入が適当でないと市が判断するものは除きます。

 本市が所有する施設の参考資料として、不特定多数が利用する「主な施設一覧」を掲げますが、一覧にある主な施設全てが対象となるわけではありませんので、ご注意願います。
 また、一覧にある施設以外についても提案可能です。

主な施設一覧 [ 70 KB pdfファイル]

応募資格

 本市のスポンサーとしてのふさわしい資力及び信用を備えた法人又は、それに類する団体とします。

東松島市ネーミングライツ事業取扱要領(平成28年東松島市訓令甲第77号) [ 147 KB pdfファイル]第3条(規制業種又は事業者)各号に掲げる条件に該当しない法人が応募できるものとします。

 なお、個人での応募はできません。

応募方法

1 募集期間

随時募集しております。(受付時間:9時~12時、13時~17時)ただし、持参の場合には、土曜日、日曜日、祝日、年末年始は除きます。

2 ネーミングライツ期間

原則として、3年以上5年以内の期間で提案してください。

3 事前相談

応募する前には、事前相談が必要となります。詳しくは、募集要項をご覧ください。
東松島市ネーミングライツ事業(企画提案型) [ 184 KB pdfファイル]