後期高齢者医療制度に加入している被保険者で、新型コロナウイルス感染症に感染、または感染が疑われ、その療養のため会社等を休んでいた期間に給与等の支払いを受けられなかった場合について、傷病手当金を支給します。

支給には要件がありますので、事前にお電話でお問い合わせください。

対象者の要件

次のいずれにも該当する方が支給対象となります。

・会社などに勤め、給与等の支払いを受けている方

・新型コロナウイルスに感染、または感染が疑われたため、3日間連続して仕事を休み、4日目以降にも休んだ日がある方

・仕事を休んでいる期間の給与の支払いが受けられない、もしくは一部減額されて支払われている方

※濃厚接触者や休業要請等で仕事を休んだときは対象となりません。

適用期間

令和2年1月1日から令和3年12月31日までの間で労務に服すことができない期間。ただし、入院継続する場合などは最長1年6カ月まで。

支給額

支給額=1日当たりの支給額×支給対象となる日数

 ・1日当たりの支給額
  直近の継続した3カ月間の給与合計÷就労日数×3分の2

 ・支給対象となる日数
  3日間連続して休んだ後、4日目以降の仕事に就けなかった日数

※支給額には上限があります。

申請方法

郵送での手続きとなりますので、事前に電話でお問い合わせください。