東松島市では、特定不妊治療(体外受精や顕微授精)を受ける夫婦へ最大15万円の治療費助成をします。

1.助成を受けることができる方

この助成を受けるには、「宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の交付決定を受けた夫婦で次のすべてに該当することが必要です。

・夫婦または夫婦のいずれかが治療終了日から申請を行うまでの間、東松島市に住所を有していること

・平成28年4月1日以後に特定不妊治療を終えたこと

・この助成を受けようとする治療期間に対して、他の市町村で助成を受けていないこと

2.助成額

最大15万円

※治療費から宮城県による助成額を除いた額のうち15万円を上限に助成します。
治療費から宮城県による助成額を除いた額が15万円に満たない場合はその額を助成します。

3.申請方法

県からの助成の決定があった日から1年以内に、申請書(東松島市特定不妊治療費助成金交付申請(兼請求)書)に次の書類を添付し、印鑑をご持参の上、下記の申請先に提出してください。

 ①申請書.pdf [ 53 KB pdfファイル]
 ② 宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書の写し
 ③ 宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書の写し
 ④ 3か月以内に発行された夫婦の住民票(原本)
 ⑤ 戸籍謄本(原本) 
   ※住民票により夫婦が確認できる場合や夫婦ともに外国人の場合は不要
 ⑥ 宮城県不妊に悩む方への特定治療費助成事業申請書の写し
   ※男性の不妊治療を行った場合のみ
 ⑦ 助成金振込先口座の通帳の写し
 ⑧委任状.pdf [ 17 KB pdfファイル]
   ※申請者と振込口座の名義が異なる場合のみ     

申請先・お問い合わせ:東松島市 保健福祉部 健康推進課(矢本保健相談センター内)