第2回東松島市「子ども未来サミット」

 東松島市の小中学生が笑顔で学校生活をおくることができるよう、自分たちの生活を整えるためにデジタルメディアの活用について、小・中学校が連携してその方策を考えることを目的に、東松島市「子ども未来サミット」を開催します。

 ○日時:令和3年7月31日(土)9:00~12:00

 ○場所:矢本東市民センター

 ○対象児童:市内小・中学校 児童生徒 各学校8名(計88名)

     (新型コロナウイルス感染症対策のため、対象者以外は入場することはできません。)

 ○内容: 第1部「心あったかイートころ運動」の中学校区での取り組み発表

      第2部 基調講演

      第3部 パネル・ディスカッション

      第4部 「子ども宣言」

 

 各学校では、これまで「心あったかイートころ運動」「あいさつ・清掃・ゴミ拾い」(心を育む3つの取り組み)「デジタルメディア・コントーロール」(生活を整える1つの実践)に取り組んできました。

 「デジタルメディア・コントーロール」については、昨年度に開催された「子ども未来サミット」を受けて、児童会や生徒会での話し合いを重ね、具体の実践を行ってきました。

 今年度は、そこから更に一歩進めて、東松島市のすべての小・中学校が思いを一つにして進めるために、アンケート結果から見えてきた児童生徒の実態と困り感を踏まえ、昨年度の子どもサミットのグループディスカッション資料も参考とし、自分たちの生活を整えるための「子ども宣言」を作成し取り組みます。